食糧人類2話【飼育室で見たものとは?】ネタバレと感想

期間限定‼︎漫画を完全無料で読む方法

ただいま期間限定で電子コミックを無料で読むことができます。

きちんと正規のサイトで行う方法なので
ウイルスなどの心配はありません。

期間限定の方法なので
まだ使っていない方は
一度だけ使うことができます。

方法は簡単【U-NEXT】というサイトを使うだけ

無料登録の特典として600ポイントをもらえ
そのポイントで漫画を読むことができます。

【U-NEXT】詳しい説明はこちら
U-NEXT<ユーネクスト>

漫画『食糧人類』のネタバレを書いています。

2話は飼育室に落とされてしまった伊江が

見ては行けないモノを見てしまいます。

まさに表紙の状態に陥っているのが第2話です。

 

スポンサーリンク



 

 

食糧人類2話『人間の飼育室で見たものとは?』ネタバレと感想

 

 

伊江は人間を飼育している部屋で

ナツネと山引(やまびき)と出会います。

 

カズも飼育室に落とされていましたが

既に『薬液』と言われる

依存度が高く思考を停止させる飲み物を飲んでしまい

我を忘れています。

 

人間の肥育場と聞いた伊江は

 

それじゃ、ここにいる僕も殺されて

食べられるみたいじゃないですかぁ

 

 

そう言うと伊江は真っすぐにデカい扉に向かい

扉を叩き始めます。

 

開けてくださいと叫びながら叩く姿をみた二人は

慌てて伊江を止めます。

 

 

余計なことしやがって

 

 

伊江が起こした行動によって

何かマズい事態が起きているようです。

 

ナツネと山引は

伊江に対して忠告します。

 

 

液体を飲むマネをして

正気を失ったフリをしろ

絶対に後ろを振り返るな!

 

 

そして何かが部屋に入ってきました。

 

 

それは何か大きくて不思議な生物のようです。

 

 

伊江の角度からは触覚しか見えませんが

その触覚を見ていた伊江は

驚愕の光景を目にするのです。

 

液体を飲んで太りきった人間を

触覚で真っ二つにして

その死体をバリバリと食べています。

 

 

そして伊江の近くにもその触覚は近づいてきました。

あまりの気持ち悪さに

声が出そうになる伊江でしたが

 

 

隣を見てみると

ナツネのカラダの周りには触覚がまとわりついているのです。

 

それは伊江の非ではありませんでした。

 

その光景を見た伊江は

何とか声を出さずに乗り切ることが出来ます。

 

そしてその生物が去っていった後に入って来たのは

後始末をしに来た作業員でした。

 

作業員が言うのは

さっきの生物は『幼体』と言われています。

 

つまり『成体』もあると言うことですね。

 

もちろんその作業員をそのまま返す程

ナツネと山引は優しくありません。

 

 

作業員の服をはぎ取り

依存度マックスの液体を飲ませてしまうのです。

 

無料試し読みはまんが王国で出来ます。

登録不要ですぐにスマホで読めるので

とっても便利ですよ。

 

 

>>まんが王国はこちら

『しょくりょう』で検索すると出てきます。

 

スポンサーリンク



 

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

コメントを残す