食糧人類4話後半【それぞれの思いが交差する】ネタバレと感想

期間限定‼︎漫画を完全無料で読む方法

ただいま期間限定で電子コミックを無料で読むことができます。

きちんと正規のサイトで行う方法なので
ウイルスなどの心配はありません。

期間限定の方法なので
まだ使っていない方は
一度だけ使うことができます。

方法は簡単【U-NEXT】というサイトを使うだけ

無料登録の特典として600ポイントをもらえ
そのポイントで漫画を読むことができます。

【U-NEXT】詳しい説明はこちら
U-NEXT<ユーネクスト>

生殖種と言う非人道的な行為をしている光景を見たナツネと山引と伊江は

作業員に興奮剤を打ち

生殖種にしてしまいます。

そして狂った施設の実態を知った3人の意見は分かれるのです。

 

スポンサーリンク



 

 

食糧人類のあらすじ

 

 

学校の帰りにバスジャックされた伊江とカズ

 

連れて来られたのは

人間が人間を解体する工場でした。

 

伊江が入れられた部屋は人間を飼育する飼育場

 

その人間を食べてしまう生物

 

子供を産むだけに存在する生殖種

 

施設の実態にせまる伊江たちが下した決断は

それぞれが違うものでした。

 

無料試し読みはまんが王国から出来ます。

 

 

>>まんが王国はこちら

『しょくりょう』で検索すると出てきます。

 

 

食糧人類4話後半【それぞれの思いが交差する】ネタバレと感想

 

今までの施設の状態をみた山引は

なんの為に運営している施設なのか考えました。

 

山引が最初に考えたのはいわゆる

 

【臓器ビジネス】をする人間牧場

 

生きたままの臓器を提供するために人間を集めている…

 

 

でもソレだと飼育場でみた生物の説明になりません。

 

そこで考えたのが生物兵器案

 

 

あの生物が兵器として使われている。

 

 

そんな考えを巡らせている中

 

ナツネはある結論を出します。

 

俺は出ない

やることがある…

 

今すぐにでも逃げ出した伊江に対して

ナツネは逃げずに戦うことを選択します。

 

 

そして山引はその興味本位で

施設に残ると言うのです。

 

外の世界は退屈なので二度と出たくない…

 

完全に伊江とは意見が合わなくなり

カズと一緒に逃げようと思っていた伊江でしたが

 

そのカズは何かを見つけた様で

大声で叫んでいます。

 

こっち来てみろよ

おもしれーぞぉぉぉぉ

 

3人がカズが見つけた部屋に行ってみると

そこにはまたしても奇妙な光景が広がっていたのです。

 

>>まんが王国はこちら

『しょくりょう』で検索すると出てきますよ。

 

スポンサーリンク



 

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

コメントを残す