食糧人類2巻6話後半(11話)【僕の家来?】ネタバレと感想

期間限定‼︎漫画を完全無料で読む方法

ただいま期間限定で電子コミックを無料で読むことができます。

きちんと正規のサイトで行う方法なので
ウイルスなどの心配はありません。

期間限定の方法なので
まだ使っていない方は
一度だけ使うことができます。

方法は簡単【U-NEXT】というサイトを使うだけ

無料登録の特典として600ポイントをもらえ
そのポイントで漫画を読むことができます。

【U-NEXT】詳しい説明はこちら
U-NEXT<ユーネクスト>

謎の部屋で見てしまった

見たこともない生物が人間を食べる光景

 

人間をバリバリと美味しそうに食べる光景に

山引のお腹が『ぐぅぅぅう』と鳴ってしまいます。

 

スポンサーリンク



 

 

食糧人類のあらすじ

 

地球温暖化が進む地球で暮らす人類

 

3月で真夏の暑さ

毎年最高気温が更新され

 

人口は減少

温暖化の影響で住める地域も減って来ています。

 

そんな中起きていた集団失踪事件

 

主人公の伊江と友人のカズは学校の帰りに

バスごと事件に巻き込まれ

連れて行かれた先は人間を飼育する施設でした。

 

そしてそこでであったのが山引とナツネ

 

カズは飲んでは行けない水を飲み

思考回路がおかしくなってしまいます。

 

一行は施設からの脱出を試みますが

施設を見れば見るほど非人道的な行為をしている光景を目にします。

 

無料試し読みはコミなびから出来ます。

登録不要で読めるのでまずは無料で読んでみましょう。

 

>>まんが王国はこちら

『しょくりょう』で検索すると出てきますよ。

 

 

食糧人類2巻11話【僕の家来?】ネタバレと感想

 

伊江が目を覚ますとそこは真っ暗などこか…

 

 

ここはどこだ?

 

まさか、アイツに喰われて腹の中?

 

 

何が起きたのか全く記憶にない伊江でしたが

段々と暗さに目が慣れてきます。

 

そして目にした先には

逆さ吊りにされた山引とナツネの姿が

 

そしてその二人の先に何かがいるのを感じます。

 

 

目を凝らして良く見てみると

人間のようですが

伊江はその姿にビックリして逃げ出してしまうのです。

 

 

そして罠にハマり逆さ吊りになってしまいます。

 

 

その後解放された4人は

その男から肉をごちそうになります。

 

ナツネと山引は3日なにも食べていません。

 

カズと伊江もこの施設に来てから何も食べていません。

 

 

でも…

 

食べるのをためらう伊江でしたが

 

山引とナツネは迷うことなくその肉を食べます。

 

 

食えない奴から死んでいくぞ!

 

そう言って久々の食料に食らいついていきます。

 

 

全員が肉を食べたことを確認した男は

 

 

貸し…ふたつー!!

 

 

そう言って4人を自分の家来になれと命じるのです。

 

 

さらに伊江たちを助けた理由を話すのですが…

 

 

>>まんが王国はこちら

『しょくりょう』で検索すると出てきますよ。

 

スポンサーリンク



 

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

コメントを残す