食糧人類2巻8話前半(14話)【総理大臣と土下座の意味は?】ネタバレと感想

期間限定‼︎漫画を完全無料で読む方法

ただいま期間限定で電子コミックを無料で読むことができます。

きちんと正規のサイトで行う方法なので
ウイルスなどの心配はありません。

期間限定の方法なので
まだ使っていない方は
一度だけ使うことができます。

方法は簡単【U-NEXT】というサイトを使うだけ

無料登録の特典として600ポイントをもらえ
そのポイントで漫画を読むことができます。

【U-NEXT】詳しい説明はこちら
U-NEXT<ユーネクスト>

その日、人類は食料となった!

>>今すぐ無料試し読みする<<

>>まとめページはこちら<<

タイトル 食糧人類

作者 蔵石ユウ/イナベカズ
配信サイト まんが王国
最新巻 2巻まで発売中

 

人を食べるバケモノから伊江たちを助けたのは

長い月日をこの施設の天井裏で生活していた男でした。

そして彼が施設から逃げ出し

天井裏から覗いた事実は計り知れないモノだったのです。

 

スポンサーリンク



 

 

食糧人類のあらすじ

 

集団失踪事件に巻き込まれ

バスごと誘拐された伊江は

 

人間を解体する工場に連れて行かれます。

 

そこで見た光景は

人間を家畜同然に扱う様子。

 

飼育と肥育

 

冷凍と解体

 

繁殖と出産

 

人間を食べるバケモノの存在

 

伊江たちは危うくバケモノのエサになる所を

何年も施設で身を隠して生活していた男に助けられます。

 

無料試し読みはコミなびから出来ます。

 

>>まんが王国はこちら

『しょくりょう』で検索すると出てきます。

 

食糧人類2巻14話【総理大臣と土下座の意味は?】ネタバレと感想

 

天井裏の男が見たもの

それは玉座の間と呼ばれる部屋で起きた惨劇でした。

 

 

その玉座の間に現れたのは

日本の内閣総理大臣

そしてその要人たちです。

 

重々しい雰囲気で現れた彼らでしたが

玉座の間で土下座をするのです。

 

 

土下座をしている先にいたのは

伊江たちが見たバケモノの親玉でした。

 

そして総理はそのバケモノに対して

お願いをするのです。

 

 

地球の温暖化問題を解決してほしい

 

そしてその為だけに用意されたのが

この人間牧場だったのです。

 

1話で語られていた地球の温暖化問題は

人間のレベルで解決することができない状態なのでしょう。

 

 

そしてその問題を解決する知恵を

このバケモノが持っているのでしょう。

 

総理の土下座のお願いに対して

そのバケモノは残酷な仕打ちをします。

 

 

君たちのおかげで我々の個体数も増えたし

当施設の運営も我々であたることにしました。

 

いままでありがとう…

 

そう言って総理たち要人たちは

バケモノたちに生きたまま食べられてしまったのです。

 

 

そして話を聞いたナツネはあまりの怒りで

その場所を教えろといいますが…

 

>>まんが王国はこちら

『しょくりょう』で検索すると出てきます。

 

スポンサーリンク



 

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

コメントを残す