食糧人類【人間が食料にされる?】漫画ネタバレと感想

人間が食料として食べられる?

食糧人類

>>食糧人類を今すぐ読む<<

タイトル食糧人類

作者:蔵石ユウ/イナベカズ/水谷健吾

配信サイト :コミなび(android / iPhone対応)

最新巻:1巻(5話)

 

人気コミック『食糧人類』の試し読みは

まんが王国公式サイトで完全無料です。

>>まんが王国で試し読み

サイト内『しょくりょう』で検索

 

食糧人類【ネタバレあらすじ】

 

学校の帰りでバスに乗った主人公の伊江と

友人のカズはバスジャックにあい

 

そのまま拉致られてしまいます。

 

伊江が目を覚ますとそこは

人間が人間を解体する工場でした。

 

作業員に捕まった伊江は

飼育室と言う場所に閉じ込められますが

 

そこで出会った山引とナツネ

そして依存度の高いドリンクを飲んで

思考回路がおかしくなってしまったカズとともに

 

施設からの脱出を試みます。

 

人がブクブクと太った飼育室には

幼体と言われる巨大な生物が

人間を切り刻みながら食べる姿があります。

 

その掃除に来た作業員から服をぶんどった伊江達は

次に見た光景は

人を繁殖させる為の施設

 

生殖種と言われる

妊娠、出産マシーンと化した人間の姿でした。

 

薬漬けにされた生殖種は

交尾のこと以外考えられない人間になってしまいます。

 

あまりの非人道的な行為にキレたナツネは

そこにいた作業員に鉄槌を喰らわせます。

 

 

そして次に入った部屋は

何かサナギの様なでかいものが置かれた部屋

そこで突然起きた非情ベルによって

サナギから成体と呼ばれる巨大生物が現れ

人間の皮を剥きバリバリと食べだすのです。

 

逃げ場の無い状態で伊江達は

この状況を乗り切ることが出来るのでしょうか?

 

 

1巻で出てくる主な登場人物

 

 伊江(いえ)

 

食糧人類の主人公

ヘタレな性格の持ち主ですが

画家志望で、瞬間記憶能力があります。

 

 山引(やまびき)

 

人間を飼育していた部屋で出会った人間

頭がいいが思考が変態的

3日前からこの飼育室に閉じこめられています。

 

 ナツネ

 

とても粗暴な人間

すぐに暴力に出るが

正義感が強く殺してしまった生殖種に対しても

手をあわせる律儀さがあります。

 

 カズ

 

伊江の親友

一緒に拉致られてしまうが

飼育室で飲むと思考を抑制させてしまうドリンクを飲み

ブクブクと太ってしまいます。

 

食糧人類|配信タイトル

【食糧人類第1巻】

【食糧人類1巻】

絶賛発売中

1話ネタバレ 2話ネタバレ

3話ネタバレ 4話ネタバレ

5話ネタバレ 

生殖種について

【食糧人類2巻】

>>今すぐ無料試し読みする<<

絶賛発売中

6話前半ネタバレ 6話後半ネタバレ

7話前半ネタバレ 7話後半ネタバレ

8話前半ネタバレ 8話後半ネタバレ

9話前半ネタバレ 9話後半ネタバレ

10話前半ネタバレ 10話後半ネタバレ

11話前半ネタバレ 11話後半ネタバレ

12話前半ネタバレ 12話後半ネタバレ

13話前半ネタバレ 13話後半ネタバレ

増殖種について

【食糧人類3巻】

2017年9月11日発売予定

14話前半ネタバレ 14話後半ネタバレ

15話前半ネタバレ 15話後半ネタバレ

食糧人類|感想

 

 

地球温暖化が進む地球で起きる

人口減少

住める地域減少

集団拉致事件

 

そしてそれに巻き込まれた主人公

 

1話〜衝撃的な光景でグロさを際立たせています。

 

人間が人間を食べる漫画だと思っていたのですが

どうやら人間よりも知性が高く

強力な暴力も持ち合わせているバケモノがいるようです。

 

グロ漫画なので

グロ好きにはたまらない漫画では無いでしょうか?

 

>>食糧人類1話ネタバレへ

 

食糧人類 無料試し読みはこちら

 

人気コミック「食糧人類」の試し読みは、
まんが王国公式サイトで完全無料です。

>まんが王国で試し読み

サイト内「食糧人類」で検索!

無料で読めるコミック多数アリ!
キャンペーンも随時開催中★

 

食糧人類の登場人物と世界観

漫画『食糧人類』を読みました。

人間を食べる

解体する

飼育して太らせる

繁殖させる為に妊娠させる

非人道的でグロ恐な漫画にでてくるキャラクターの紹介です。

 

スポンサーリンク



 

 

1巻での登場人物

 

・伊江(いえ)

画家志望の学生で主人公

頼りない男だが直観記憶能力を持っていて

見たものは映像として記憶できます。

 

・カズ

伊江の友人で気象学者志望の学生

志(こころざし)は高いが拉致で薬漬けにされ

思考がおこちゃまになってしまいます。

 

・山引(やまびき)

謎の工場で出会った男

知的で頭が切れるが、どこか変態な思考が働く

 

・ナツネ

同じく工場で出会った男

喧嘩っぱやい性格で腕力もあります。

死んだ人間に手を合わせるなどの礼儀も持ち合わせています。

 

一巻では主にこの4人が主体で話が進みます。

 

>>まんが王国はこちら

 

あらすじはこちらから見れます。

 

漫画『食料人類』の世界観

 

食料人類の1話でその世界観が説明されています。

 

お店でチキンナゲットを美味しそうに食べる主人公の伊江ですが

 

季節は3月なのに

真夏の気温を指しています。

 

 

今よりも地球温暖化が進み

毎年気温が上がり続けているのです。

 

 

温暖化の影響で

地球上でも住める場所が少なくなり

人口も減って来ています。

 

そして温暖化の影響は

高齢者にとっても危機的状況を指しています。

 

 

伊江の親友のカズは気象予報士を目指しているのですが

その理由は

自分の祖父母が熱中症で死んでしまったからです。

 

この世界観は

もしかしたら未来の地球の光景なのかもしれないと

想像することが出来ます。

 

 

人間が今の生活を維持していく中で

何かを変えていかなければ

温暖化が進んで地球は生物が行きては行けない世界になってしまうかもしれません。

 

 

そして『食料人類』でもっとも残酷な光景

人間が人間を解体している場面です。

 

 

なんの為にやっているのかと言うと

人間を食料として加工しているのです。

 

 

ソレを人間が食べているのかと思いましたが

どうやら『あの方たち』と呼ばれる

バケモノのエサとして用意されている様子です。

 

そのバケモノは

人間よりも知性が高く

そして強力な暴力を備えています。

 

 

一見するとただのデカい怪物なのですが

生まれてすぐに人間の言葉を喋るなど

その知性の高さを見せつける場面も多々出てきます。

 

そして地球温暖化を何とかしてもらおうと

内閣総理大臣が怪物に土下座をしている場面すらあります。

 

 

この怪物の正体は

2巻、3巻で明らかになって行くのでしょう。

 

 

無料試し読みはまんが王国から出来ます。

 

>>まんが王国はこちら

『しょくりょう』で検索すると出てきますよ。

 

スポンサーリンク