食糧人類23話【和泉所長の怒りの矛先】漫画ネタバレ結末

その日、人類は食料となった!

>>今すぐ無料試し読みする<<

タイトル 食糧人類
作者 蔵石ユウ/イナベカズ
配信サイト まんが王国
最新巻 2巻まで発売中

17人をくじで引きで決め

幼生体への生き餌が決定します。

 

 

そして和泉所長は監視カメラから

ある事実を知ることになり

そしてその捕獲に乗り出します。

 

 

食糧人類23話【和泉所長の怒りの矛先】ネタバレ

 

 

17人を選び終わった和泉所長は

全員に強いお酒を渡します。

 

 

これで少しでも痛みが和らげば…

と一杯のお酒を渡しますが

これから死ぬのがわかっている作業員たちは

ただ震えながらその事実を受け入れるしかありません。

 

 

それでは皆さん

準備ができましたのでご移動願います…

 

 

放送とともにゾロゾロと壇上から降り

移動していく作業員を見て

 

 

他の作業員たちはまた会おうね〜

さようならぁ、またな

と死にゆく作業員たちに声をかけるのです。

 

 

そしてとても残酷なのが

この幼生体の生き餌になる様子を

スクリーンで生放送するところです。

 

 

無残に切り裂かれ殺されていく姿を見る

他の作業員

逃げ惑いながらもなんとか助かりたいと願う

生き餌の作業員

 

 

でも幼生体のいる部屋は逃げ場などどこにもないのです。

結局切り裂かれた生き餌たちは全員殺され

食べられてしまいました。

 

 

 

その映像を何度も何度も見返す和泉所長は

怒りが湧いてくると言っています。

 

 

その怒りとは『あの方』を殺した犯人たち

すなわちナツネたちに向けられているものでした。

 

 

その怒りを忘れないために

和泉は毎日のようにこの動画を見て

自分の怒りを忘れないように努めているのです。

 

 

そしてすでに監視カメラから犯人の人数と

特徴は把握しています。

 

 

和泉所長はすでにあの方がなくなった時の

映像を見ていたのですが

その映像を副署長にも見て欲しいと言います。

 

 

正視に耐えないですが…よく見てください

とナツネがあの方の体内から出てくる場面を見せます。

 

 

えっ?なんでこの応対で死んでないの?あれ?

下半身がない状態で出てきたナツネを見て

不思議に思った副署長ですが、次の瞬間

その疑問は確信へと変わります。

 

 

ああっ脚がっ!

これは、もしか…

 

 

和泉所長はすでに気がついていました。

ナツネが増殖種であること

それも完全体の増殖種だということを

 

 

【ナツネと施設の関係、夕凪の会とは…】結末

 

 

ナツネは妊娠したママが施設を脱走して

一人で育ててきた子供です。

 

 

ナツネママは増殖種の被験体でありながら

そこを脱走したことで

今回以上の大粛清が行われています。

 

 

あの方の一人が死んだだけで

17人の命がなくなったのに対して

 

 

その責任は重大で

何十人もの人間が殺されています。

 

 

その中には和泉の父親も含まれていました。

 

 

完全なる増殖種がいれば、あの方たちの欲望にも答えられる

捉えましょう、絶対に我々の手で!

副署長のその言葉に

 

 

実はすでに彼らに声をかけてあります

そう言ったと同時にコンコンと部屋をノックする音が!

 

 

入ってきたのは一人の男と

その後ろには奇妙な姿をした人間たちでした。

 

 

食糧人類 23話感想

 

 

ナツネママが施設を逃げ出したことで

施設内では大粛清が行われ

 

 

その結果、和泉所長の父親は殺されることになります。

その怒りも含め

今回の事件の原因となったナツネたちに怒りを

覚える和泉ですが

 

 

あの方をなんとか殺したいと言わないところ

あの方の脅威を誰よりも知っているのだと思います。

 

 

普通の思考であれば

殺した相手を恨むものですが

その相手が巨大すぎる存在のため

その相手をすり替えナツネに向けているのだと推察されます。

 

 

食糧人類 無料試し読みはこちら

 

人気コミック「食糧人類」の試し読みは、
まんが王国公式サイトで完全無料です。

>まんが王国で試し読み

サイト内「しょくりょう」で検索!

無料で読めるコミック多数アリ!
キャンペーンも随時開催中★

 

 

食糧人類25話【ナツネの最後の笑みに感動】漫画ネタバレ感想

その日、人類は食料となった!

>>今すぐ無料試し読みする<<

タイトル 食糧人類
作者 蔵石ユウ/イナベカズ
配信サイト まんが王国
最新巻 2巻まで発売中

 

あの方の一匹を倒したナツネは

再び屋根裏に上がり

オグラからズボンと靴を貰います。

 

 

もっとマシなのは無いのか?
ナツネのこの言葉に

オグラは怒りまくるのですが

 

 

かなり情緒不安定です。

すっかりくつろいでいる

伊江や山引達を見て

怒鳴り散らしたかと思えば

 

 

あの方を殺したことを思い出し

泣き出してしまいます。

 

 

一部始終は監視カメラに撮られてる

追っ手が来る前にここから逃げないといけない。

 
スポンサーリンク



 

食糧人類 25話【逃げる組、残る組】ネタバレ

 

オグラのその言葉に

ナツネは反対します。

 

俺は逃げない

俺は残らず奴らを

殺すと行ったはずだ

こんな施設はブチ壊す

 

 

本気のナツネに

笑い出す山引

 

相変わらずナツネは面白いですね。

その牛刀一本でどうやって?

 

おびただしい数の怪物たち

彼らの食料として

多くの人間が消費され

 

一国の首相ですら

その対象になってしまいます

 

そしてその情報は

一切施設の外に漏れない

 

 

情報操作は完璧

と言っていいほどです。

 

 

そんな巨大な組織に

餌が一匹頑張ったところで

絶対無理に決まってる。

 

 

ナツネの意見には反対する山引ですが

だからと言って逃げるわけでも無いのです。

 

 

こんな面白そうな人の行動を

最後まで見届けるのが普通だといい

ナツネと行動を共にします。

 

 

非常識な考えに

呆れたオグラですが

 

 

そこに伊江が意見を言います。

 

俺…オグラさんと一緒に逃げます。

施設から出ませんか?

脱出というか…

 

 

だっ…しゅつ?

 

 

脱出なんて絶対無理だと思って

考えてもいなかったオグラは

その盲点に気がつき

喜びます。

 

 

1人では無理でも何人かでやれば

できるかもしれない。

 

 

食料人類 25話【施設の概要とは?】ネタバレ

 

 

二手に別れるということで

オグラはナツネたちに施

設の概要を伝えます。

 

 

地上の建物は

作業場と作業員の住居

 

 

人間の搬入

冷凍や解体をする場所です。

 

 

その地下のブロックがA地区

人間繁殖

増殖種の研究をする場所です。

 

 

その下はB地区

あの方の孵化場や羽化場がある場所です。

 

 

その下が一番最下層のC地区

玉座があるところです。

 

 

一通り説明したところで

ナツネ達とはお別れとなります。

 

 

ナツネたちについて行かなかった

伊江は心なしか少し罪悪感を感じた

表情をしています。

 

 

食料人類 25話結末

 

 

浮かない顔をした伊江に対して

ナツネはとても

感動する別れ方をします。

 

 

友達と別れる時

なんていうんだ?

 

 

ナツネの質問に

 

 

じゃあ…またね…かな…

 

 

その言葉を聞いたナツネは

満面の笑みを浮かべながら

 

 

じゃあ…またな…

 

 

そう言って

その場を後にしました。

 

 

食料人類 25話 感想

この施設に連れてこられてから

ずっと頼って来たナツネと山引

 

 

あの2人がいなかったら

伊江はあっという間に

餌として食べられていたかもしれません

 

 

そういった思いと

ナツネを裏切ってしまったかのような

行動を自分でも自覚しているからこそ

伊江は浮かない表情を浮かべたのでしょう。

 

 

食糧人類 無料試し読みはこちら

 

人気コミック「食糧人類」の試し読みは、
まんが王国公式サイトで完全無料です。

>まんが王国で試し読み

サイト内「食糧人類」で検索!

無料で読めるコミック多数アリ!
キャンペーンも随時開催中★

 
スポンサーリンク



 

食糧人類5話後半【グロ回!人を食べる生物】あらすじと感想

カズが見つけた部屋で

見たことのないデカい置物と天井のモニター

そしてソレを丁寧に掃除をする作業員

 

掃除中に何かに気がつき、走って非情ベルを押した作業員の真意は?

 

スポンサーリンク



 

食糧人類のあらすじ

 

バスジャックで誘拐された伊江とカズ

連れて行かれた場所は

人間を家畜同然に扱う施設でした。

 

人間を冷凍して解体する工場

 

飼育場では太らせる為に高カロリーな飲み物を与え続けます。

思考が停止した人間たちはただの肉のかたまりと化しています。

 

子供を産ませる為にある繁殖場では

生殖種と言われる人間が

死ぬまで交尾と出産を繰り返しています。

 

人間を人間と思わない残酷な光景を見た

伊江、山引、ナツネ

彼らはそれぞれ別な思いを巡らせていました。

 

食糧人類5話後半【グロ回!人間を食べる生物】1巻結末

 

作業員が非情ベルを押した理由

 

それは伊江たちがデカい置物だと思っていたモノが

生物の卵だったことです。

 

 

その卵を綺麗に掃除していた際に

一つの卵から何かが生まれたのです。

 

 

そしてソレに気がついた作業員が

非情ベルを鳴らし外に非難したのです。

 

 

次々と作業員が非難する中

取り残された二人の作業員

 

 

ドアを叩きながら助けを求めますが

隣にいた作業員の皮が

一瞬にしてはぎ取られてしまいます。

 

 

そして綺麗に皮を剥いた作業員は

そのまま頭から食べられてしまいます。

 

バリバリと美味しそうに食べる様子をただ見ているしか出てないもう1人の作業員でしたが

 

その作業員と生物の目が合ってしまいます。

 

 

すみませえええん!!

 

 

 

そう叫びながら逃げ出す作業員でしたが

足がもつれて転んでしまうのです。

 

 

そして追いついた生物は

作業員が驚くことをするのです。

 

 

>>まんが王国はこちら

『しょくりょう』で検索すると出てきます。

 

 

スポンサーリンク