食料人類27話【背後に浮かぶ目玉?】漫画ネタバレ感想

その日、人類は食料となった!

>>今すぐ無料試し読みする<<

>>まとめページはこちら<<

タイトル 食糧人類

作者 蔵石ユウ/イナベカズ
配信サイト まんが王国
最新巻 2巻まで発売中

 

スポンサーリンク



 

食料人類27話【カズが見たものとは】 ネタバレ

 

27話では

カズが後ろからついてくる

気配に気がつきます。

 

 

後ろを振り返ったカズが見つけたのは

 

 

空中に浮かぶ

2つの目玉

 

その目玉と目が合ってしまったカズは

恐怖に怯え

その場から動けなくなってしまいます。

 

食料人類27話【背後から襲ってきたもの】ネタバレ

 

後ろに怖いのがいる!

 

 

その言葉で

皆が振り返りますが

誰もいません。

 

 

何にもいねーじゃねえか!

 

 

角刈り作業員は少しビビってしまい

何もいなことに腹を立て

こぞって文句を言っていましたが

 

 

暗闇から突如何かか

襲って来ました。

 

 

それは角刈り作業員のに襲いかかります。

 

 

どけ!

 

 

ガリガリ作業員が

持っていたフォークを

そいつに突き立て

殺しました。

 

 

それは猫の大きさもある

ネズミでした!

 

ネズミに噛まれてしまった

角刈り作業員は

病気が感染したかもしれないと

焦っています。

 

 

怖くて動けないカズにたいして

暴言も吐いています。

 

 

なんとか移動を始めた一行ですが

カズは何かの気配を感じているようで

また怖くなり動かなくなります。

 

 

その姿を見た

デブ作業員は

イライラが募り

カズにまたしても

怒りをぶつけます。

 

 

そしてデブ作業員が

文句タラタラでションベンしてー

といい

 

 

1人行動をした時

とんでもないものが現れたのです。

 

 

食糧人類27話 感想

 

助けた作業員には名前すらないのですが

勝手に

角刈り、デブ、ガリガリ

と名付けました。

 

伊江たちが助けた

元作業員は

とても性格の悪い人たちです。

 

 

自分の事しか考えておらず

せっかく助けてもらった恩も感じず

伊江たちを邪魔者扱いです。

 

 

その態度に伊江もオグラも

イライラしていましたが

 

読者全員が気づいているはずです

思っていた通り

彼らは食料として提供されてしまいそうです。

 

 

食糧人類 無料試し読みはこちら

 

人気コミック「食糧人類」の試し読みは、
まんが王国公式サイトで完全無料です。

>まんが王国で試し読み

サイト内「食糧人類」で検索!

無料で読めるコミック多数アリ!
キャンペーンも随時開催中★

 

スポンサーリンク



 

食糧人類26話【新たに助けた3人がマジ不快】漫画ネタバレ感想

その日、人類は食料となった!

>>今すぐ無料試し読みする<<

>>まとめページはこちら<<

タイトル 食糧人類

作者 蔵石ユウ/イナベカズ
配信サイト まんが王国
最新巻 2巻まで発売中

 

伊江とナツネは

別行動することになります。

 

 

伊江とオグラ、カズは脱出組

 

 

ナツネと山引は

施設破壊組

 

 

そして別れ際に山引は

伊江にある薬を渡します。

 

 

伊江:これ、なんですか?

 

 

山引:毒!

 

 

伊江:へっ?

 

 

山引:即効性なので
結構楽に死ねますよ。

 

 

笑顔でその薬を手渡す山引

 

 

伊江たちじゃまず警備員に捕まるのは必須

そうなった時に

自分たちのことをベラベラ喋られるのはとても困るのです。

 

 

薬をもらうのを断る伊江でしたが

結局オグラが貰ってしまいました。

 

スポンサーリンク



 

 

食糧人類26話【新たに助けた3人がマジ不快】ネタバレ

 

 

排気口を進む伊江たちは

A地区と言われる増殖種研究と

繁殖をおこなっている場所を進んでいました。

 

 

薬を打たれ

無理やり犯される女

 

 

産んだ子供を無慈悲に

奪われる人

 

 

耐えられなくなり

自殺してしまう人

 

 

A地区の悲惨な現状を

目の当たりにした伊江は

 

 

1人くらい助けられないのかな?

 

 

そう思いながら

先に進みます。

 

 

そこに檻の中から

声をかけて来た3人組がいます。

 

 

助けないと大声を出すという

3人組を仕方なく助けるのですが

 

 

3人はこの施設の職員だった人間

規律を乱したことで

檻に閉じ込められていたのでした。

 

 

嫌悪感すら覚える3人の話を聞いていた

伊江たちでしたが

 

 

カズがその背後に

何かの違和感に気がつくのです。

 

 

食糧人類 26話感想

山引の容赦のない言葉が

印象的な話でした。

 

 

自分の保身のために

仲間に毒を渡す行為は

ある意味では優しさともとれますね。

 

 

拷問され辛い目に合うくらいなら

薬で楽に死んだ方がマシ

 

 

その薬が

別な意味で活躍しそうな気もしますが

 

 

さらに面白くなって来ましたね!

 

食糧人類 無料試し読みはこちら

 

人気コミック「食糧人類」の試し読みは、
まんが王国公式サイトで完全無料です。

>まんが王国で試し読み

サイト内「食糧人類」で検索!

無料で読めるコミック多数アリ!
キャンペーンも随時開催中★

 

 

スポンサーリンク



 

食糧人類の登場人物と世界観

漫画『食糧人類』を読みました。

人間を食べる

解体する

飼育して太らせる

繁殖させる為に妊娠させる

非人道的でグロ恐な漫画にでてくるキャラクターの紹介です。

 

スポンサーリンク



 

 

1巻での登場人物

 

・伊江(いえ)

画家志望の学生で主人公

頼りない男だが直観記憶能力を持っていて

見たものは映像として記憶できます。

 

・カズ

伊江の友人で気象学者志望の学生

志(こころざし)は高いが拉致で薬漬けにされ

思考がおこちゃまになってしまいます。

 

・山引(やまびき)

謎の工場で出会った男

知的で頭が切れるが、どこか変態な思考が働く

 

・ナツネ

同じく工場で出会った男

喧嘩っぱやい性格で腕力もあります。

死んだ人間に手を合わせるなどの礼儀も持ち合わせています。

 

一巻では主にこの4人が主体で話が進みます。

 

>>まんが王国はこちら

 

あらすじはこちらから見れます。

 

漫画『食料人類』の世界観

 

食料人類の1話でその世界観が説明されています。

 

お店でチキンナゲットを美味しそうに食べる主人公の伊江ですが

 

季節は3月なのに

真夏の気温を指しています。

 

 

今よりも地球温暖化が進み

毎年気温が上がり続けているのです。

 

 

温暖化の影響で

地球上でも住める場所が少なくなり

人口も減って来ています。

 

そして温暖化の影響は

高齢者にとっても危機的状況を指しています。

 

 

伊江の親友のカズは気象予報士を目指しているのですが

その理由は

自分の祖父母が熱中症で死んでしまったからです。

 

この世界観は

もしかしたら未来の地球の光景なのかもしれないと

想像することが出来ます。

 

 

人間が今の生活を維持していく中で

何かを変えていかなければ

温暖化が進んで地球は生物が行きては行けない世界になってしまうかもしれません。

 

 

そして『食料人類』でもっとも残酷な光景

人間が人間を解体している場面です。

 

 

なんの為にやっているのかと言うと

人間を食料として加工しているのです。

 

 

ソレを人間が食べているのかと思いましたが

どうやら『あの方たち』と呼ばれる

バケモノのエサとして用意されている様子です。

 

そのバケモノは

人間よりも知性が高く

そして強力な暴力を備えています。

 

 

一見するとただのデカい怪物なのですが

生まれてすぐに人間の言葉を喋るなど

その知性の高さを見せつける場面も多々出てきます。

 

そして地球温暖化を何とかしてもらおうと

内閣総理大臣が怪物に土下座をしている場面すらあります。

 

 

この怪物の正体は

2巻、3巻で明らかになって行くのでしょう。

 

 

無料試し読みはまんが王国から出来ます。

 

>>まんが王国はこちら

『しょくりょう』で検索すると出てきますよ。

 

スポンサーリンク