食糧人類22話 【17人と死の宣告】漫画ネタバレ感想

その日、人類は食料となった!

>>今すぐ無料試し読みする<<

タイトル 食糧人類
作者 蔵石ユウ/イナベカズ
配信サイト まんが王国
最新巻 2巻まで発売中

 

ナツネが化け物を殺したことで

施設内は大混乱に陥っていました。

 

仲間が殺されたことで

化け物たちも怒っている様子

 

 

施設の人間はその責任を

取らされることになるのですが

 

食糧人類22話 【17人と死の宣告】ネタバレ

 

 

あの方と呼ばれる化け物に

17人と宣告された副署長は

 

 

職員室に戻り

この施設の所長

和泉に報告します。

 

 

泣きながら喋る副署長に対し

 

 

泣かないで

僕らは僕らのやれることを

やるだけですよ。

 

 

和泉所長は笑顔で副署長を励まします。

 

 

その後

体育館に非常召集された作業員たちに

死の宣告をするのです。

 

 

作業員一人一人に番号札を配り

 

 

この札が配られた…

ということは

そういうことです。

 

 

副署長は説明を始めました。

 

 

あの方の1人がなくなったこと

そしてそれは自然死ではなく

何者かに殺されたこと

 

 

そしてその責任は

我々にあること

その罰として

 

 

 

この中から17人の生贄を捧げることになったこと

 

 

そして和泉所長によって

箱の中から番号札を読み上げ始めました。

 

 

その番号札を持っているということは

死んでくださいと同義です。

 

 

失神するもの

失禁するもの

泣き叫ぶもの

番号が呼ばれずに歓喜するもの

 

 

様々な人間模様の中

最後の番号が発表されました。

 

 

最後に…436

 

 

その言葉で1人の男が壇上に

上がって来たのですが

 

 

和泉所長は

彼の行動を見逃してはいませんでした。

 

 

彼の両肩を叩き和泉所長は言います。

 

 

僕の目が節穴だとでも思ったんですか?

僕はこの目で見てましたよ。

 

 

食糧人類22話 感想

まさに生死をかけた

クジ引きでした。
呼ばれた人間は化け物の餌として

死ななければならないんでですから

そりゃ狂いますよ。
和泉所長は見た感じ

とても正義感が強いイメージがあり
副署長は真面目な性格といった感じですね。
和泉所長の最後の一コマが

逆転裁判みたいに見えるのは

私だけでしょうか?

 

 

食糧人類 無料試し読みはこちら

 

人気コミック「食糧人類」の試し読みは、
まんが王国公式サイトで完全無料です。

>まんが王国で試し読み

サイト内「しょくりょう」で検索!

無料で読めるコミック多数アリ!
キャンペーンも随時開催中★